土曜日の救い

 せっかくの土曜日。なんて長いこと思っていない。どうせ何もできないまま終わってしまうからだ。体力がなさ過ぎるのだ。エネルギー不足は解消される兆しを見せない。外には出たくないし、ごはんを食べるのでさえ面倒だ。せめてもの情けでお風呂には入った。ひたすら体力を温存していったい何をしているのか? 答えはインターネットである。今日はずっとレビューを求めて飛び回っていた。座椅子と机を買うかどうかで悩んでいたのだ。たかが買い物に丸一日を潰して悩む人なんてぼくには想像がつかないのだが、それを自分がやらかしてしまっていることが悲しい。しかも結局どちらも買わないということに決めたのだからまるで無駄のような一日になるところだった。だが、ぼくの打ち捨てた土曜日に一点価値を与えてくれたものがあった。

 星空文庫である。偶然見つけたこの小説投稿サイトがとてもすばらしかったため、ぼくの土曜は危ういところで救われたのだった(土曜日を過ごしたぼく自身は救われることはなかった)。

星空文庫は、小説を中心とした文芸作品の掲載・閲覧サービスです。作品の長期的掲載と各種ツールを提供します。
星空文庫インフォメーション

 権利関係、レーティングが明確にしてあって公開する側も読む側も安心できる。サイトのデザインもシンプルで使いやすそうだ。次から日記以外のちょっとした短い作品はここに公開していこうと思う。今のところ権利は「CC BY-NC-ND」での公開を考えている。その権利内容を下記に引用する。引用元のサイトはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのことが分りやすくまとまっていて便利だ。

表示—非営利—改変禁止
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的であり、そして元の作品を改変しないことを守れば、作品を自由に再配布できるCCライセンス。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは - クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

広告を非表示にする