適材適所

 俳句をブログにアップするのはやめることにした。なんだかここじゃないなという感じがしてきたからだ。俳句は作り続けていきたい。奥深い世界だ。いつか俳句で一冊本を作りたい。

 俳句も含めてこれからぼくが創作したものは、相応しい場所に発表して行こうと思う。作品として発表できるような場所だ。いまのぼくの現状を鑑みるとインターネットの投稿サイトがその場所になるだろう。具体的には星空文庫のつもりでいる。

広告を非表示にする