読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下北沢にて'14に行ってきた。

「下北沢にて」とは?

このイベントについて説明すると『THEラブ人間が主催、企画、制作まですべて行うライブハウスサーキット型イベント』ってことになります。

「下北沢にて」とは? | 下北沢にて'14

 こういうイベントに参加したのは初だった。下北に行ったのももしかしたら初かもしれない。 なぜ参加したのかというと、大森靖子さんが出演されるからという理由だけだった。

 実際にライブを観れたのは井乃頭蓄音団、セックスマシーン、大森靖子だけ。どれも楽しかったけど、セックスマシーンはびっくりした。ボーカルの人の熱量にびっくりした。ステージを降りてきて後ろの客を直に煽るし、前の方の客に「後輩(後ろの方の客)に手本を見せてやってくれ」みたいなこと言って土下座するし、「マイクはステージに置いてきた」などと言って後ろの壁に張り付いて歌は客に歌わせるし、とんでもないバンドがいるもんだと思った。それが一曲目。もうこれだけで客は完全にのせられてしまった。気づいたらぼくも手を挙げて知らない歌を大声で歌っていた。

 そのあと時間はあったけれどすっかり体力を消耗してしまったためひとまず喫茶店で休憩することにした。喫茶店に入る前の時点(開演予定時刻の一時間以上前だったと思う)でなんか行列が出来ていたけど、そろそろかなと思って店を出るとまだ行列がある。聞くと大森靖子の入場待ちの客であることがわかった。すごい人気。すわ入場規制かと思ってあわてて最後尾に並んだけど無事入場できた。よかったーと思ったけど、全然ステージが見えない。本人が現れてもチラチラとしか見えない。ヴィジュアル系のライブと違って女性ばかりというわけではないのだ。早めに行くべきであった。曲は好きだし歌い方の部分でのパフォーマンスは届くから楽しめたことは楽しめたけど、やはりステージングが見えなかったのは悔しい。次は気をつける。

 ライブ後にはイベント本部のあたりでサイン会があった。これまた行列でぐったりして早く帰りたいと思ったりもしたのだけど、大森靖子本人に初接触(握手)したら疲れは吹き飛んでしまった。その手もその笑顔もやさしい感じがした。

 そうして家に帰ってくるとやっぱりぐったりしてしまうのだけど、楽しい一日だったのは間違いない。