神様は見てるよ

 植田真梨恵さんのことばかり考えてしまう。いま一番興味のある女性シンガーソングライターです。去年メジャーデビューしたらしい。

 シンガーソングライターって好きになる観点がいくつかあって、歌メロだったり歌い方だったり歌詞だったり声だったり。その辺りの観点を基準にぼくがある歌手を好きになるパターンをちょっと書いてみる。

 歌メロは聴くきっかけになりやすい。けど、その人に固有のモノではないので、その曲が好きになることはあっても、まだその歌手を好きになるところまではいかない。

 歌い方は上手いとか下手とかでは全然聴いていなくて、感情が乗っている感じがすればぼくにとっては魅力的。歌い方がグッとくる感じだったら、歌詞にもリアリティーを感じることが多くて心に残る。この辺りでその歌手に興味が湧きます。

 歌詞はわりと気にする。歌詞が良くないと思ったら歌メロまで色褪せてきてしまう。途端に興味がなくなってしまう。

 最後に声。これはまさにその人に固有のモノであって、好きになってしまったらずっと好きなんだと思う。でもわりと融通が利く点でもある。というのもはじめは変な声だなと思ってても聴いている内に慣れてくるから、声が好みじゃなくても好きになることがある。

 そんな感じなのだけど、声が好きだってなったのは今まで清春さんひとりだけだった。そこに植田真梨恵さんが入りそう。youtubeで聴いてるばっかりなので歌詞はそんなに知らないけど、言葉の選び方もわりと好きそうな気がする。歌メロと歌い方は好き。「心と体」の振り絞る感じも「ザクロの実」の繊細な感じも良い。かなり興味がある。早くCDほしい。

 


植田真梨恵「未完成品」PV - YouTube


植田真梨恵「心と体」PV - YouTube


植田真梨恵「ザクロの実」PV - YouTube

広告を非表示にする