文章を書くのが苦手です。

自分だけが楽しめるものを書くのは得意だけど、他人が読んで楽しいかどうかは正直二の次だった。一般的に、読者目線で書くのが文章作法における基本だということはもちろん知ってはいたのだけど、それがどうも理解できなかった。というのは一般に人気のあるもののおもしろさがぼくには分からなかったからです。

それでも最近心境の変化があった。一般に通用するまともな文章を書くことに興味が出てきた。いつでもクオリティの高いものを書けるのだと言い切れる自信がほしいなあと思ったのだった。何があったわけでもないけど、これはぼくが生きやすくなるためにとてもメリットのある変化です。

まわりの人たちから2周も3周も遅れている気はするけれど、興味のないことはやってられないので仕方ない。飽きたらまたひとり遊びに閉じこもるし、いま楽しめればいいよねという基本方針は変わらない。こういうスタンスでいると遅れてるも何もないので気持ちが楽でたいへんよいです。