読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皇帝

 運命の下をさまよっている人間が、運命の上を歩んでいるぼくの目の前に現れるとき、ぼくはそれを排除しなければならない。この運命の中ではぼくが皇帝なのだ。それを忘れてはならない。爛れた凡俗にぼくの運命を汚させはしない。

広告を非表示にする