日記7:金と女

あけましておめでとうございます。いままで考えたこともなかったが、この挨拶は年末を無事に乗り越えて一安心という意味合いの挨拶だったらしい。年末に「よいお年を」と挨拶をするのも、うまく年末を乗り越えましょうねという意味なのだそうだ。*1

こんなことをわざわざ調べたのは、よい年などというものがないなんてことは良識ある大人なら分かっていて当然のことなのにどういうつもりでこの挨拶があるのだろうと思ったからに他ならないが、もしかして人知れず世間に増殖していたダダの黴菌だろうかと嬉しくなっていたため、調べた結果がこれでげんなりした。

年が明けてからほとんど外に出ていないがどうにか初詣には行くことができた。その際に目をつけておいた木があるのだが、これは個人的にこれから推していきたいと考えているメンバー(世界というグループの一員)だ。昼となく夜となくぼんやりしていると人間社会の流れに取り残されてしまっていて、気づいたら二週間近く経っている。そのスピード感の違いから人間種族との交流が難しく思えてきたということもあって、この子に穿った穴を日々参拝している。穴を覗き込んで満足しているところをフロイトとかいう変質おやじに見つかりでもしたらすぐに無意識の欲望を世界中に暴露されてしまう恐れがあるが、奴もとうにくたばっているはずなのでその心配は要らない(そもそも日々参拝しているというのがレトリックの一種であって事実ではない)。

しかしトリスタン・ツァラが何かのインタビューで堂々と回答していた「人生でいちばん好きなのは金と女です。」というのがいまさら真に迫ってきているのも事実だ。これがあまりにも真実に近いので次に行き合った人間に突然この言葉をこの世の真実として告白したいくらいには何かが高まってきている。何かというのはいうまでもなくぼくの社会性のことであるが、いまはまだ冗談で言えるこの言葉も、しまいには冗談でなくなってしまうのが人生の恐ろしいところで、欠乏の度が昂じてくるにつれだんだん危険になってくる。「姉さん事件です」という声が夏の日の蝉のようにしつこく鳴り続け、流れる雲に混じって高嶋政伸の顔が空中に申し訳なさそうに浮かんでくるあたりで頭が朦朧としてきて、体内の柔らかい部分から事件がどろりと世間に漏れ出してしまう。金のために常軌を逸した人間などはいくらでもあるし、女のために気が狂ったやつらは結婚というものをやっている。たいへんだ。その後で正気に戻らなければまだいいのだが、たいていは手錠が嵌められた時点で正気に戻ってしまう。ほんとうにたいへんなのだ。

*1:

昔の日本では大晦日(おおみそか、12月31日のこと)を迎えるまでには沢山のしなければならないことがありました。(一部は今でも残っています)

1.支払い。昔は日用品をつけ(クレジット)で買い年末に清算していた。この支払いが出来るかどうかが庶民にとっては一番の心配ごとだった。
2.大掃除
家中のチリを払い、障子を張替え、畳を干す。最後に神棚や仏壇の拭き掃除。
3.すべてが終わると年越しそばを食べて一年の無事を喜びあい、新しい年が無事迎えられることを神仏に感謝しお酒を飲んだ。

年末に外出先で知人に会ったとき、これらのすべてのことを念頭に「今年もいよいよ終わりですね。大晦日を迎えるまでいろいろ大変でしょうが、お互いにがんばりましょう。どうぞ良いお年を(無事大晦日が迎えられますように、夜逃げなどしなくて済むように)」と挨拶したわけです。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/738713.html?from=recommend  

夢日記1:猿と同居

猿と同居していた。ふと気づくと猿はたまたま近くに置いてあった電気シェーバーに興味を示し、恐る恐るいじっていた。

ぼくはいつの間にか夢の中にいた。何人かの男女のグループで樹海を探検していた。昔の同窓生のようだった。ぼくはその中の一人と付き合っていた。友人が撮影するビデオカメラの前で「あいつはいい体してるよ」となぜか得意げに語り始めた。実際にそんなことを思っていたわけではなく、ただそんな感じのことを前から言ってみたかっただけだった。そのことも言い訳のように言った。その場には当然「いい体してる」と言われた本人もいたが、配慮することも気兼ねすることもなかった。

なにかを発見した。それをどうこうしようとしたら、警察がやってきて怒られた。樹海で遊ぶなとかそういうことを言われたのだと思う。おとなしく引き上げることにして、懐かしい感じのする教室に移動した。おそらくここにいるメンバーが出会った場だ。黒板の前に集まって、撮影したビデオを再生した。それを見てはしゃいだり、追い返されたことへの不満を言ったりしていたら目が覚めた。

何かすごく面白い夢だったと感じて夢の内容を記録していたら、友人が訪ねてきてすぐ出掛けることになった。書いてる途中だから後にしてくれと思ったが、結局はついていくことにした。急いで身だしなみを整えていると、猿が手鏡を持って不思議そうに見ているのが目に入った。まだ使い方を理解している様子ではなかったが、顔面の毛は半分以上無くなっていた。

出掛けてから少しして鍵を閉めるのを忘れていたことに気づいた。友人には先に行っててもらい一旦家に戻った。ふと猿が何処かに行ってしまう気がして、様子を見にいった。猿は完全に鏡を使いこなしていて、ケミストリーの黒い方みたいな感じに毛を整えていた。「ぼくが帰るまで外に出るなよ」と声をかけると、当たり前のように返事が返ってきた。「でるよ」。ぼくは猿が流暢な日本語で返事を寄越したことにではなく、本当に家を出るつもりでいたことに驚いた。「たのむよ」「やだよ」「どうしたらいい?」「原宿に÷€€€があるからそれを買ってきてほしい」「買ってくる間にいなくなるじゃん」「そうだよ」「どうしたらいいんだよ」。こうしている間にも先に行かせた友人のことが頭にあって気が焦っていた。猿とのやりとりは平行線のまま埒が開かないので「絶対に外に出るなよ」と言って友人の元へと急いだ。きっと猿はすぐにでも出かけるだろうと思った。

日記6:虫のいい話

人類の精神を蝕む労働という名の合法ドラッグにまたしても手を染めてしまった。人間が精神と肉体とを併せ持つ生命体であると同時に生と死を乗せた方舟である限りにおいて、労働が適法状態にあるのはとんでもない異常事態であり非常に危険であることは論ずるまでもない。直ちに法律で禁止すべきである。ただし法律も禁止すべきである。そして禁止することも禁止すべきである。ところで、昭和日本にほうき星のように登場し「地上とは思い出ならずや」「此処にこうしていることが実は昔なのではないか」と喝破した、早すぎた弥勒*1イナガキタルホ大人の視座に立てば、人類の行く末もそれを考える人の脳髄にあらかじめ空想的に用意されたエンターテイメントのひとつでしかないことがわかる。それについて考えるのは前世で何かおびただしい悪行を為した業の深い人か或いはおそろしく暇な人かそのどちらかだけで充分だ。要するに個人的趣味の範疇を出ない。ディストピア世界の観察対象という興味以外に人類になんの関わりも持たないぼくがやることでもない。そんなわけで人類全体のではなくごく個人的な興味からこの労働依存を断ち切りたいとずっと思っているのだけど、また戻ってきてしまった。

しかしこのこと自体は問題ではない。依存状態にあることが問題なのだ。それでも昨年よりは中毒症状もややマシになってきて、月の半分くらいはだいたい寝て過ごしている。月が満ちてくると眠りながら月面うさぎと戯れ、月が欠けてくると地上で文字を追うような生活である。そんな中なぜか金銭的に年を越せないのではという懸念が発生していた。ぼくはこんなに社会的現実を無視しているのに向こうは一向に気づかない様子で迫ってくるので仕方なく短期バイトなどをやってみている次第だが、それについてはあと数回行けば終わりだ。ともかくこれで無事に年を越せそうだ。

行き当たりばったりのようでいて、そのわりに不安はない。近頃では生きていることと死んでいることの違いもよくわからなくなってきたので、大抵のことは「なんとかなるだろ」で済ましてしまっている。そして実際になんとかなっている。それはべつにいまに始まったことではない。不安がって未来のことを考えたところで人間も地球も太陽もぼくの考えた通りに動いてくれるわけではないのだから、行き当たりばったりなのは元からなのだ。違いがあるとすれば、起こってもいないことに頭を悩ますか、起こったことに対処するかの違いだけだろう。

あえて先のことを予測しないようにしていると、偶然性の矢*2が突き刺さることがある。とつぜん思い立って新しいことを始めるとか、まったく頭になかった方面から連絡がきて環境が激変するとか。クリスマスには右手を貰ってとても嬉しかった。ペン挿しとして使っているが、これも完全に想定外の出来事だった。小説とか映画とかストーリーを持つ創作物においては予測できないことがひとつの売りになっている。最初から最後まで予測した通りに事が終わるのなら、それはあえて読む必要のない小説であり*3、あえて生きる必要のない生である。そんなことは機械にでもやらせておけと思ってしまう。

そんなわけで、ぼくは思考の外、想像の外からやってくるなにかをいつも待っている。できることはなにもない。起こった出来事が待ち望んでいた矢だと思ったらそれを受け入れるだけだ。つまり「ぼくは何もしませんがどうにかしてぼくを満足させてくださいね」という幕末的*4な虫のいい話である。

*1:

弥勒は現在仏であるゴータマ・ブッダ釈迦牟尼仏)の次にブッダとなることが約束された菩薩(修行者)で、ゴータマの入滅後56億7千万年後の未来にこの世界に現われ悟りを開き、多くの人々を救済するとされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/弥勒菩薩

*2:この矢はいわゆる恋のキューピッド的な化物あるいは化合物から強奪され、後にスタンド使いたちの能力を開花させていったものでもある。

*3:あえて読む必要がないなどと言い切ってはみたものの、再読の愉しみを知らないわけではない。ぼくのように頭の弱いならず者においては再読する頃にはすっかり内容なんか覚えていないのだが、賢明な諸君においても初読と再読とではなにかしら違った風に読めるのではないかと思う。でなければその作品は二回も読む必要のない小説だったということになるだろう。

*4:

ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年)8月から12月にかけて、近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。「天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ええじゃないか

 

日記5:酔え

ボードレールがなんでもいいから酔えと言っていたのを普段からちょくちょく自分に言い聞かせていた甲斐あって、目が覚めてからも一向に目が覚めないハイな状態が続いている。そのせいで鏡も見ないまま外に飛び出してしまった。外に出ると人間がみんな猿かマネキンに見えて居たたまれなくなったから下を向いたまま歩いていたら猿とマネキンの二人組にぶつかった。そいつらが気色悪い笑顔で「神を信じますか」などと聞いてきたから「お前が神だよ」と言って猿の方をぶん殴った。そっちの方が形が汚かったからだ。久しぶりに一日一善という言葉を思い出した。今日はいい日だなあと思ってニコニコしていたら、隣にいたマネキンが顔を横に広げながら文句を言ってきた。ああこっちが神だったかと思って一応非礼を詫びたが言うことは言ってやった。「あんたの趣味はひどすぎる」。人間が生きて死ぬということをどう考えているのか問い質したい気持ちがないわけではなかったが、人間なんかがぼくになんの関係があるのか分からなくなってきたので、その辺で切り上げることにした。それにその時は正直それどころではなかった。酸素がものすごく美味しかったし、太陽がポカポカと照らしていて自分の身体が原子炉かなにかかと思ったくらいにエネルギーが湧き上がってきた。それでもう何もかもが溢れかえる寸前みたいな感覚になってああもう無理だと思った瞬間に永劫不変の真理が頭の中に閃いた。猿はマネキンの養分であり、マネキンはネオンの養分であり、つまり神はネオンの光であった。そう思うと居ても立っても居られなくなり、近くにあるギラギラした光を破壊し始めたところを猿の集団に咎められて、猿山に連行された。ボス猿がなにやら大声を出して威嚇してきたがぼくは冷静に「神の許可は取ったのか」と、それだけを言い放って猿どもの反応を見た。やつらは自分がどうしてそこにいるのか分かっていないどころか今からなにをやろうとしてるのかすら分かっていないようだったので「神だったらさっきの通りにいたから、まず会ってきなさい。きみたちの将来にも関わってくる話だ」と言って20時間ほどじっとしていたら、ようやく神と話がついたのか外から来た猿が仲間とコソコソ話し出して、ぼくは解放された。そして家に帰るとなぜか鍵が閉まっていてそのことに気づくまでしばらくガチャガチャとドアノブとよろしくやっていたら知らないおばさんが怪訝な顔をして出てきた。おばさん?何者だろうと思ったけど、マネキンでないのは明白なので「あ、猿でしょうか?」と一応下手に出てみたところ、みるみる顔が赤くなってきた。どうやら正解だったらしい。なぜうちに猿がいるのかと不思議に思っていると、おばさんは何か猿の使う言葉でバーっとまくし立ててから、いきなりドアを閉めた。どうしようもねえなと思って隣の家に事情を説明して入れてもらうことにした。それでドアを叩いたけど反応がない。死んでいるのか?と思って試しに開けてみたら開いたのでこれは誘ってやがると思ってのこのこ入っていったら自分の家かと思うほど見慣れた光景が広がっていた。さっきの失敗があるので、一応「ここはどこですか?」と聞いてみたら「おまえの家だよ」という声が脳に直接響いた。反論するやつが誰もいないのは見ればわかるので、ようやく安心して腰を下ろすことができた。なんだかすごく疲れた気がして大きなため息をついたら、動けと念じたわけでもないのに手がモゾモゾと動き始めた。こいつもついに自我を持ったぞ!と歓喜して、自分の身体から生えている二つの手が勝手に動くのを愛すべき我が子のように観察した。手の動きが止まって目を上げると、これだけの文字が打ち込まれていた。最高に破滅的な一日だった。

日記4:TOKYO DEATH DISCO #13

TOKYO DEATH DISCO #13 に行ってきた。DALLE*1 のワンマンライブだ。

去年の5月にDALLEに出会うまでぼくはこういう音楽を知らなかった。ryoさん(Vocal)の前のバンドが解散してからしばらく情報を追ってなかったけど、彼がこのバンドに加入したことを何かのきっかけで知った。その時はまだオリジナルの曲が2曲しかなくて、本当にこれからというタイミングだった。当時のオフィシャルサイトには、その2曲のMV(Short ver.)が貼ってあって、2nd singleの Asphalt*2のイントロを聴いた時に、魂を持っていかれてしまった。それから都内で開催されたライブはなんだかんだほぼ全部通っている。

今回は来場者全員に写真集がもらえることになっていた。それと 2nd LIVE DVD が会場限定で1,000円引きだった。当然どちらもゲットした。そして大変素晴らしいことに、このままいくと家賃が払えない。DVD は見てしまうのが何となく勿体無い気がしてあえて見ずに置いておいたりすることがあるのだけど、これに関してはそんな悠長なことを言っている場合ではなさそうなので、家を追い出される前に見ようと思う。

彼の歌は本当に上手くて、艶やかな歌声も破壊的なデスボイスも好きなのだが、最も良いと思うのが伸びやかなファルセットだ。ICU とか LAST DANCE に顕著だと思う。ICU を初めて聴いた時なんかはこんな綺麗な曲があっていいのかと驚いた。

今日も ryoさんはかっこよかった。あんなに綺麗に歌が歌えたらさぞ気持ちいいだろうと思う。ぼくもいつかどこかであんな風に歌えたらいいなと思っている。家賃払えないとか言っている場合じゃないよ。

日記3:窓

ここ三日ほど眠り続けている。

もちろん間欠的に起きて活動してはいたが、この三日においては睡眠時間が半日以上に及び、今日においては19時間ほど向こうへ行っていた。察しのいい人には分かりきった話だと思うが、向こうというのは要するに純粋に個人的な夢の世界のことであり、半日以上眠るということは、夢の世界の時間的な票を過半数勝ち取り、他者的な現実世界との支配構造を逆転させるということを意味する。

ボードレール「窓」という散文詩に「開かれた窓を外から眺め込む人は、しまった窓を見つめている人ほどに、多くの物を見ているわけでは決してない。」と書いて部屋の中で耽る薄暗い空想に深遠な魅力を与えているが、ここ現代の東京においてこれをぼく以上に痛烈に感じている人間はいないだろう。

というのも、現実世界を留守にしていた間に感じられた充実感を現実世界において感じたことがないからである。数年前の年末年始にはだいぶ充実した時間を過ごせたのだが、このときも二日おきに起きて食事をしてまた眠るという無垢な怠惰さに従って睡眠に一途な生活を送っていた。空想と夢という違いはあるが、純粋に個人的な時間という意味においてはボードレールが書いていることと同じようなものだろう。

恐らく諸君はこう尋ねるだろう、『一体その伝説*1というのは確かなんだろうか、』と。もしそれが私にとって生きることの助けになり、私が現に存在することを、また如何なる者であるかということを、感じ取る助けになったとすれば、私の外側に存在する現実など、そもそも何ほどのことがあろう。*2

夢の世界のリアリティを、自分自身に対してこの引用のレベルまで高めることができれば、睡眠の最中になんらかのエラーが発生して現実世界が崩壊し、その世界に横たわっている過敏な肉体が滅びてしまったとしても、夢の世界ではあえかな胡蝶として無頓着に苦痛なく舞い続けていられるのだ。

一言加えておくと、この三日の間に見た夢は一部始終きれいさっぱり余すところなく忘れてしまった。完全な忘却というのもまたひとつの社会性溢れる眠り方である。まったく眠らない人間がいない以上、ぼくにも社会性がないこともないといえる。奴らが眠らないから強いて眠ろうとするのではない。奴らが眠ってもぼくは眠るし、奴らが働きたくてもぼくは働きたくないのだ。やっぱり社会性ないかも。

*1:空想で作り出した伝説のこと。

*2:福永武彦訳『パリの憂愁』「窓」より。(上記「開かれた窓〜」も同様。)

パリの憂愁 (岩波文庫)

パリの憂愁 (岩波文庫)

 

 

日記2:誰自身

昨夜は唐突に現れた悪魔的頭痛に参ってしまってここ15年来唱え続けてきた「眠っていれば痛くない」という根暗高速子守唄*1式のお祓いを改めて使わせて頂いた。そんな呪文に何らかの効果があるはずもなくしばらく丸くなって唸っていたが、それまで耐え続けてきた霊的な自我がついにやられて軽度の昏睡あるいはただの健康的な睡眠に陥った。

目が覚めて頭痛は軽く消え去っていたが何となくベッドを降りる機会を逃したので仕方なくTwitterのTLを遡って無表情で笑ったり自分の人生を考えることもなくいいねをつけたりしていた。

生きてても何もすることがないので、結局は本を読むことになる。加藤郁乎の「誰自身*2」を読み始めた。「お前は救世主だ——という声を私が最初に聞いたのは、去年の夏の終りの、ある爽やかな朝のことだった。」から始まるこのエッセイは意識と無意識の交流が鮮やかに放り投げられていて非常に好きな作品ではあるが、同時にぼくには書けないということを明示されていて読み直すたびに寂しい思いもする。

当時の彼は交友関係の広い酒飲みだった。言ってしまえばこれがぼくに彼のような文章が書けない理由だ。ぼくには交友関係も酒も欠けているからだ。澁澤龍彦の嫁でありみんなの妹でもある矢川澄子と霊的にだけでなく肉体的に仲良くしてしまったことをわざわざ交友録をまとめたエッセイ集の文庫あとがきに平然と発表してしまった後で当人同士の関係がぎくしゃくして寂しくなってしまったのか人間関係の宝庫であった彼も晩年は隠居して俳句研究に専念するようになったとはいえ、それまでの著作にはしょっちゅう当時の日本文学者の名が登場して、しかもそのエピソードがいちいち面白いので、もしぼくが発狂した女だったら布を噛みしめながら泣いて悔しがったことと思う。

このエッセイだけでも、土方巽と酒を飲んでニジンスキーの話をしていたはずがなぜか「不条理とはニワトリを飼うことです」などという発言が飛び出してみたり、「牡蠣貝的な質感を増しつつあ」る稲垣足穂との一年ぶりの再会の席で、仏教徒である火星族とキリスト教徒である金星族とのあいだに交わされる戦争とその行く末についての話などをしているのだ。こんな交友関係をどうやったらつくることができるのか、羨ましさで側頭葉が痺れるあまり想像すらできない。こういった交友関係を持たないぼくが彼の真似をしようとしたところで、せいぜい「ぼくは救世主ですか?」などと最寄りのカトリック教会にお伺いを立てて精神科の病院に搬送されるのがオチだろう。

あとこれは冗談だけど、いまからぼくが何者かになれるのなら加藤郁乎か発狂した女になりたい。

*1:「根暗高速子守唄」は、蜉蝣の1stアルバム「蜉蝣」に 収録されている。

蜉蝣

蜉蝣

 

 

*2: 「誰自身」は、評論集「かれ発見せり」に収録されている。

かれ発見せり (1972年)

かれ発見せり (1972年)